EXHIBITION / emogirl vo.1

2011年3月11日の東日本大震災は世界中の多くの人々の心に深い傷を与え、
われわれは今後もその痛みと立ち向かう必要があります。
それは同時に「本当に大切なモノは何か?」を考え、実行するキッカケとなりました。
エディター、ウェブブディレクター、デザイナー、アーティスト など
それぞれの分野で活躍している女子たちが集い “エモーション(感情)を自家発電”するプロジェクト『emogirl(エモガール)』を立ち上げます。
今迄の日本も好き、これから変わる日本にも責任を持ちたい、
自分達の出来る事を必要とされる方々に届けたい。
ちっぽけなわれわれでもできることを長期的に、そして突発的に行なっていきます。
東京から日本へ、そして、世界も。宇宙船地球号のオールを一本手にし、漕ぎだします。

2011.4.12(tue)〜4.23 (sat)

11:45~23:30 渋谷一軒家カフェbanda
タムラカヨ / アーティスト・イラストレーター
市村幸卯子 / 映像ディレクター・現代アーティスト
ゲストアーティスト Rosette(Whytrophy)

まずは今すぐ可能な小さいことからはじめてみたいと思います。
タムラカヨの呼びかけで、『emogirl(エモガール)』プロジェクトの一つとしてエキシビションを開催いたします。
タムラカヨは普段描いているイラストを展示販売し、義援金として送ることにしました。市村幸卯子は南ドイツ新聞のウェブ版「SZ-magazin」にて、現在連載中であり、震災後の東京で暮らす私的日常を描いたマンガ ‘Tagebuch aus Tokio (ユウコの東京日和)‘の原画を展示するほか、震災前に描かれた未発表絵画作品「猪突猛進DOG・シリーズ」を展示いたします。特別ゲストとしてRosette(Whytrophy)を招き、今展覧会特別仕様のチャリティーRosetteをご提供いただきました。
募金をしてくださった方は計3種類の中からお好きなデザインのチャリティーロゼットをお持ち帰りいただけます。

※タムラカヨ作品収益金の義援先は検討中です。追ってWEBにてご報告致します。
※市村幸卯子作品収益金は、被災地の幼児、小学生、中学生のみなさんへプレゼントさせていただく画材となります (negauこども支援プロジェクト:http://gift.negau.org/ )。
※Rosette(Whytrophy)のチャリティーロゼット募金寄付先は日本赤十字社となります。

http://emogirl-jp.org/